努力は無駄なのか?成功者エジソンに学ぶべき名言集

なやむ君
なやむ君
努力したって、夢は叶わないよ…
う~ん…ある意味あってるけど、ある意味間違ってる!
ナイスミドル君
ナイスミドル君

 

努力するって意味ある?努力して夢が叶うの?論争ですが

結論から言うと、

努力だけでは意味がないかもしれません。

ただし、正しい努力には意味があります。

正しい努力ってなんだろう?そんな声にお応えしながら、

今日からあなたの夢をかなえる、正しい努力の方法を解説していきます!

 

 

1. 「努力」という言葉の意味を理解しよう

物心ついた頃から知っている言葉ですが、

その意味をちゃんと答えられますか?

言葉の意味を深く意味を理解することで、隠れたメッセージを発見することがあるんです。

・努力とは、目標を掲げ、そこに到達するために邁進することである。

出典 Wikipedia

さらに言うと、「目標を達成する為に、必要な武器を身に付ける事に思考を凝らす」事も大事になってきます。

 

2. ただ努力するって危険

ただ闇雲に努力すればいいかと言うと、的外れな結果になります。

先程の引用にもありましたが、努力は目標に向かってするものです

そして、目標に対して効果的な行動をとる事が大切です。

 

ダルビッシュ有さんの有名なツイートがあります。

たった30文字程度のツィートなのに、かなり深く感銘を受けた発言でした。

なぜなら、幼少期~現在の大リーガーになるまで、様々な努力と試行錯誤をし、栄光と挫折の紆余曲折を経験しているからこそ、この一行に重みが増します。

 

つまり、ダルビッシュ有さんが言うように、努力って嘘つく事もあるんです!

 

3. 偉大な発明家の名言(エジソン)

世界でも有名なアメリカの発明家であり、

発明王と称され、白熱電球や電話などを発明したトーマス・エジソン。

彼は、もともと優れた発明家だったわけではありませんでした。

 

エジソンは「努力の人」「非常な努力家」「不屈の人」などと言われています。

そんなトーマス・エジソンの名言で有名なのが

「天才とは1% の直感と、99% の努力である。」ですよね。

 

さらに、彼の残した言葉は努力にフォーカスした名言ばかりでした。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

ほとんどすべての人間は、

もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、

そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。

もう、鳥肌が立ちませんか?

そうです、発明王エジソンの残した偉大な名言のほとんどは、努力にフォーカスしています。

 

そして、彼はこうも言っています

成功しない人がいたとしたら、

それは考えることと、努力すること、

この二つをやらないからではないだろうか。

もう、発明王というより発言王やな
ナイスミドル君
ナイスミドル君

いかに、やりたい事に向かって努力しても

考える事をおろそかにしていては、求めた結果は得られないということです。

行動し、試行錯誤を重ね、目標に向かって正しい努力を積み重ねてきた事がわかりますよね。

このように「努力」という言葉の捉え方は、一括りにはできないのです。

 

4. 努力できる思考とは

なやむ君
なやむ君
努力努力って、そんなに頑張れないよ!

と、思う人もいるでしょう。

努力=頑張る と考えること自体が間違いなんです。

要は、やりたい事って、頑張らないくても勝手に行動しているんです!

 

なんで楽しいのでしょうか?

・本当に好きな事をやっているから

・本当に叶えたい目標を目指しているから

・成長を実感できているから

・自分で選んでいるから

「夢に向かっている時=たとえ練習がつらくても、楽しい」と充実感を味わえるからです。

あなたが努力している目標って、本当にやりたい事ですか?

 

5. 努力=あきらめない精神

再び、エジソンの名言です。

私は、ひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、

ゴールに到達するまでペースを崩さない。

人生に失敗した人の多くは、

諦めたときに自分がどれほど

成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

成功に不可欠なのは、

肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、

ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。

このように、正しい努力ができる人は、簡単に諦めません。

そして、あれもこれもではなく、1つの事にエネルギーを注ぎます。

 

そのうえで、1番大事なことは、

「この道に進むんだ!誰に何と言われようと!」という確固たる覚悟があるのです。

もし、あなたの目標が、なかなか達成できなくても、誰かに反対されても進み続ける覚悟はありますか?

 

 

6. まとめ

「努力って言葉が嫌い」という意見がありますが

それは努力が嫌いなのではなく

好きでもない事に対して、頑張るから苦痛なのです。

 

好きな事なら、目指したい目標があるなら、

必ず努力したいと主体的に行動するでしょう。

その状態になりさえすれば、いかなる状況も楽しめます。

 

偉大な発明王エジソンも、最初から完璧な人間だったわけではありません。

ただ、叶えたい夢のために努力を惜しまなかったです。

そして正しい努力を見つけ、継続させ、人類の役に立つ発明という目標を次々と叶えていくのです。

 

偉人だからできたんだと皮肉を言うかもしれませんが、

正しい努力をし続いた経験は、必ずあなたの人生の実らせる事になるでしょう。

 

コツとしては、最初から大きすぎる目標ではなく

まずは小さな目標から、成功体験を重ねましょう。

さらには自分の好きな事、気軽にできる小さな目標でいいので、なにか目標に向かって行動してみましょう!

行動を継続させる先に必ず、努力をすることが楽しくてしかたなくなる事でしょう。