また挫折するの? 続けられない原因と無理せず続けられる8つのコツ

なやむ君
なやむ君
目標を掲げても続かない…

続けたい気持ちはあるのに…これって根性や才能の問題?

 

こんな疑問にお答えします。

 

目標に対して継続できない。だから結果も出ない。

「私(僕)ってダメな人間なのかも?」とまで、思い悩む人も少なくないでしょう。かつて私もそうでした。

挫折の原因を自分が悪いとネガティブな思考になり、あげく次の目標へチャレンジする事自体が恐くなっていた時期もありました。

 

しかし、

もし、挫折の原因を正しく理解できたら?

もし、誰にでも改善できる事だとしたら?

 

結論からいうと、継続は才能や根性ではありません。

そして、多くの原因を解消させる事は可能です。

続ける技術は、正しい理解と仕組みづくりです。

あなたが続けられない原因を理解し、習慣化にすることで誰でも継続は可能です。

記事を読んで、継続を可能にし、あなたの目標をたくさん達成させていきましょう!

 

1. 続かない原因を探す前に

いつも目標が達成できない。そもそも続かない。私はダメな人間なのかも。。。

そう悲観的にならなくて大丈夫です。決めた事を続けられず悩んでいる人って意外と多いんですよ。

その証拠に、本屋へ行くと”簡単・続られるコツ系”の本って沢山ありませんか?

それほどまでに、みんな継続ができていない証拠です。

 

1-1. 続けられないと自己否定しない

まずは続かなかった自分を責めないようにしましょう。

ネガティブな思考は、あなたの新しいチャレンジの邪魔にしかなりません。

前途したように、継続ってめちゃくちゃ難しいことです。

最初から完璧にできる人なんていません。みんな継続できる方法やコツをつかみ、継続できる仕組みをルール化し上手く付き合っているのです。

自分を責めず焦らず、淡々と継続できない原因を見つけ、改善していきましょう。

 

 

2. あなたが継続できない原因とコツ8選

続けられない事には、何かしら原因が必ずあります。

あなたのパターンに当てはまる原因をみつける事からはじめましょう。

そして継続とつきあうコツをつかみ、習慣にしていきましょう。

 

2-1. 目標設定の方法が間違っている

例えば、あなたが今より痩せたい場合、どのような目標を立てますか?

「痩せる!ダイエットする!」だけではいけません。

・3ヶ月以内に〇〇キロを目指す

上記の様に、数字で語りましょう。その際、必ず計測できる数値を掲げましょう

・3ヶ月以内に(←期間)〇〇キロ(←体重)を目指す
このように数字を駆使し、期間に至るまで明確にすることが大切です。

2-2. その目標ちょっと厳しくないですか?

あなたの現在の体重が60キロだとします。

なやむ君
なやむ君
よし!3ヶ月以内に50キロを目指すぞ!!

ちょっと待ってください!

目標の設定に数字を使えているのは良いですが、その目標数値って妥当ですか?

1ヶ月3.3キロも、継続して痩せることは可能ですか?

標準体重が60キロだった場合、ー10キロという数値は、かなり過酷なダイエットをしいられます。

健康あってのダイエットです。目標や期間に無理は禁物です。

極端な例を挙げましたが、あなたの目標はどうでしょうか?

かけ離れた目標は、達成できないだけではなくモチベーションを下げ、継続を妨げる原因にもなります。

本末転倒で、無理な目標設定していませんか?

 

 

 

2-3. 初回で不可をかけすぎない

目標を定めたら、達成の為に実際に何をするか行動に落とし込みましょう。

その前に、私が過去に挫折したダイエットの悪い行動の例をご覧ください。

・毎朝6時に起きてジョギング10km

・毎日、腹筋30回×5セット

・食事は朝、昼だけ

私は運動する事が久しぶりで、早起きも苦手でした。

それなのに、この行動では3日間も継続できませんでした(笑)

 

原因は、行動と自分のレベルの妥当性です。

皆さんにも、身に覚えがあるのではないでしょうか?

そうです、目標を立てる時は鼻息荒く、どうしても沢山の負荷をかけ頑張りすぎちゃいますよね?

その気持ちは凄くよくわかります。

 

しかし、目標を達成するためには継続が一番大事と言ってもいいでしょう。

それなのに、最初から負荷がかかる事をしてしまうと、脳が”やりたくない!”という信号をだしてしまいます。

脳が「不快、嫌だ」と感じると継続は一気に難しくなります。これでは挫折して当たり前なのです。

 

あなたが設定する目標達成への行動は現実的でしょうか?

最初は、自分の健康状態や、レベルにあった行動設定する必要があります。

 

 

2-4. 継続には、セルフイメージが大事

正しい目標を設定し、正しい行動に移っていきました。

1週間続けば素晴らしいです。21日間の継続が続けば習慣となることが、科学的に立証されています。

 

しかし日が経つにつれ、モチベーションを維持する事はさらに難しくなってくるでしょう。

そんな時は、一旦立ち止まってください。そして。セルフイメージを高めましょう

目標達成した時の自分を想像するのじゃ!
ナイスミドル君
ナイスミドル君

掲げた目標を達成できた時、あなたはどんな姿・生活になっているでしょう?

・スリムになって、お気に入り洋服を着てデートに出かける姿

・貯まったお金で海外旅行やショッピングを楽しむ姿

今はつらくとも、目標達成できた自分を想像する事はモチベーション維持に大きく貢献します。

想像するだけで、自然とモチベーションが上がってきますよ。

 

 

 

2-5. 誘惑との戦い方1(無理するな!)

目標も行動も継続もできているあなたに、大きな敵が立ちはだかる事でしょう。

その正体は「誘惑への我慢」です。我慢する事ほど難しいものはありません。

例えば

・ダイエット中に、食べたいものを我慢

・貯金する為に、ショッピングを我慢

私もそうですが、ついつい自分を甘やかしてしまいます。

自分を律するって本当に大変な事だとです。

なぜならば、人間の脳は「楽で楽しい方」を好き好むようにできているからなんです。

だからと言って、甘やかしていては、いつまでたっても目標達成ができないですよね。

 

誘惑や我慢と上手に付き合うコツはあります。

はじめから我慢するのではなく「徐々に回数を減らす」など、段階を経て厳しくしていく方が継続には効果的です。

もし「いや、最初から制限する!」と厳しく意気込むのであれば、ご褒美として設定してあげましょう。

自分に厳しくすることは悪い事ではありませんが、継続は意気込みではなく脳との付き合いも大切です。

厳しくした結果、脳が「嫌だ」という信号をだすと、継続できる確率がグンと下がってしまいます。

要するに、今まで継続できなかった原因はあなた自身というよりも、あなたの脳から出される信号だったのです!

前途したように、自分の脳と上手く付き合あっていくことで継続率は格段に上がります。

 

 

2-6. 誘惑との戦い方2(誘惑との距離を置く!)

もう一つ、即効性のある誘惑との戦い方を紹介します。

・ダイエット中に、食べたいものを我慢する

・貯金する為に、ショッピングを我慢する

どちらも、一度したいと思うと頭から離れなくなります。

 

そして、感情が誘惑に支配され「食べてしまった。」「買ってしまった。」となるのです。

その後、後悔させられたことは何度もあるのではないでしょうか?

そのような事にならない為に、最適な方法があります。

それは「一旦誘惑物との距離を置く」事です。

 

どういう事かと言うと、脳は我慢が嫌いです。

我慢しなきゃと思えば思うほど「食べたい・買いたい」という感情が溢れ出てしまい、脳内がそのことでイッパイになってしまいます。

この状態になるとなかなか手におえないので、一旦それらと距離を置き時間を保つ事で、冷静な判断を下せるようになります。これが驚く事に効果的なんです!

 

 

 

2-7. 正しい事は続かない、楽しい事が続く

続く習慣と、続かない習慣の違いはどこにあると思いますか?

それは「脳が楽しいと感じるか、感じないか」です。

わかりやすい例でいうと、

・スマホゲームは楽しいけど、勉強は楽しくない

・ダイエットは楽しくないけど、甘いものを食べるのは楽しい

・貯金は楽しくないけど、ショッピングは楽しい

私たちの脳の構造は「楽しい状態」を好みます。これは脳科学の知見からも立証済みです。

残念ながら、正しい事だからと言って続けられるようにできていません

では、どうすれば正しい事を継続させ習慣化させる事ができるのでしょうか?

 

 

2-8. 正しい事を楽しいと思わせる仕組みを作る

答えは簡単です。

前途したように、もともと人間の脳というのは「楽しい・楽」という状況を好みますよね。

では正しい行動を脳に楽しい事と思いこませればいいのです。

なやむ君
なやむ君
いや、そんな事できないでしょ…

できます!

例えば、ダイエットの為にジムに通うとします。

あなたが通うジムに、大好きな女優(俳優)さんが働いていたら?

まず、通うことが自体が楽しなりますよね?

さらに、良い所をみせたくて、運動もいつもより頑張れちゃいませんか?

そうです!自分を動かす原動力は不純な動機でいいんです!

 

 

 

 

まとめ

何事にも目標達成するためには、継続することが大切だと言えます。

しかし、多くの人が苦労をしているように、継続するって凄く大変な事ですよね。

まずは正しい目標設定、正しい行動量を身に付けながら、脳と上手く付き合うコツを掴みましょう。

そして、仕組み化してしまえば習慣に変わります。

21日間の継続が続けば習慣となることが、科学的に立証されています。より楽な状態で継続できるでしょう。

 

習慣にかわると、脳のエネルギーが前頭葉から小脳へと移ります。

小脳は習慣が大好きな部位なので、エネルギーの消費を抑え、継続することがかなり楽になるでしょう。

キーワードは「無理しない脳と上手く付き合うワクワクしながら習慣に」です!

今まで続けられなかった人も、一度自分が挫折した原因をしり、再度チャレンジしてみて下さい。

 

 

 

 

コチラの記事も読まれています!

目的と目標の違いとは?理解すれば人生が変わる!

努力は無駄なのか?成功者エジソンに学ぶべき名言集

忙しいは言い訳?たった1つの改善で簡単に時間は作れる