【人生は選択の連続】決断に迷った時、あなたが後悔しない一生使えるマインドセット

人生は選択の連続です。そして沢山の選択を積み重ねた結果が、今のあなたです。

今日の行動も、今この記事を読むと決めた事も、あなたが選択した結果です。

生きている限り、AかBか?という選択肢を選ばなければならない場面が沢山あります。

買い物のような小さな事から、仕事や結婚と人生を左右する大きな決断を迫られる場面はますます増える事でしょう。

決断で迷わないように、決断して後悔しないように、選択する時に必要なマインドセット(自分軸)を持っていることが大切です。

 

 

1. ほとんどの場合、結論は決まっている

選択の際「迷う」と口では言っているけど、腹の底では自分の心は決まっている事ってありませんか。

結論は決まっているにも関わらず「迷っている」と自分に言い聞かせてしまっている場合があります。

その理由は、頭では決断していても、あなたの心(感情)に迷いが生じるからです。

結論は決まっているのに、なぜそんな葛藤が起こるのか?原因は

この選択でいいのか?(不安)

本当に後悔しないか?(不確定)

世間の目は?他人の目は?(他者の評価)

このように、私たちは選択に対して不安や不確定な要素など、考えてもしかたのない事を心配している場合があります。

もう一つは、他者の評価を気にして、自分の決断に外側を気にする、本題とズレた外的要因が原因です。

未来の不確定要素や、他者の目を気にする事に意味はありますか?

 

2. 本当にどちらも選べない場合

「本当にどちらも選べない!」そういう場合もあるでしょう。

彼女はいるが、結婚すべきか迷っている

今の会社を辞めて転職すべきか迷っている。

決断しがたい選択に迫られた時、かなり悩みますよね。非常に難しい判断でしょう。

しかし、そういった場合にとても便利な考え方があるのはご存じでしょうか?

それは、常にいまから出す質問に答える事です。

あなたの人生の目的(ゴール)はなんですか?

あなたが幸せと感じる事ってなんですか?

選択に悩んだら、これに答えてみて下さい。

あなたは、目先の小さな世界だけではなく、他人の評価でもなく、あなたが思い描く理想の人生という大きな視点で、あなたの世界を達成する為に必要となる決断をする事が大切です。

 

「人生の目的とか難しい!」と思うなら、どういう状態でいることが、あなたの幸せか?を軸に考えましょう。

こればかりは価値観なので、答えは人それぞれとなります。

 

3. 選ぶ=後悔するものと考えよう

冒頭にも説明しましたが、選択とは、選択しなかった方を捨てるという事です。

人はAを選んだら「Bを選んだ自分はどうなっていたのだろう・・・」と逆の想像を必ずと言い切れる程考えるものです。想像は、無限の可能に溢れているので、現状より良く感じてしまうかもしれません。

だったら、選択肢がある決断には、少なからず後悔はつきものだと少し楽に考えてみませんか?

 

3-1. それでも後悔するあなたへ

完璧な選択なんてありません。人生という長い時間に多大な選択していく中で、後悔することもあるでしょう。

残念ながら過去は変えられません。変えられない事にくよくよ悩む時間があるなら、その悔を糧に未来に繋げるといったポジティブな発想をもちませんか?

未来は自分の選択の積み重ねです。あなた次第で未来はいくらでも変えられます

未来を良い方向に変えたあなたは、こう言うでしょう「過去の失敗もこの幸せためにあった。」「今が幸せだから過去の失敗なんてなんともない。」そういえる自分になりましょう!

 

4. 自分軸を持つ事が、決断に悩まない最大の武器

分自身を木とした場合、1つ1つの選択は枝葉です。

幹となる部分=自分自身の事です。自分の中で軸となる幹をしっかり持ってさえいれば、枝葉の選択に悩まされる事はありません。

幹とは自分の人生の指針です。あなたの人世の目的や幸せを具体的にイメージしておく事が大切です。

幹さえ決まっていえば、決断を他人の目などで見失いしません。まずはしっかりと自分の幹をきめることが大切です。

 

5. 決断を正解にできるかどうかは、あなた次第

前途したように、選択には少なからず後悔がつきものです。それならば「後悔しないように」ではなく「後悔するもの」と理解できれば心もかるくなりませんか?

そして、あなたが選択した決断を後悔しない為にできる重要な行動があります。それは、自分の選択を正解にできるという事です。

選択に迷った時、選択した瞬間にすべてが決まってしまう訳ではありません。

一番大事なのは選択したあとの過ごし方です。

例えば、あなたが転職でして、2社内定がもらえました。

①やりたくない仕事で残業40時間、年収800万円のA社

②やりたい仕事で残業なし、年収400万円のB社

一見A社の方が良いですよね。では、長期的に見ればどうでしょう?

A社は、初年度の給料が高いですが、10年後はどうでしょうか?

やりたくない仕事にやりがいを感じられず、日々に追われ、疲弊しきってしまうなんて事もありえます。

あなたの幸せがお金ならいいのですが、多くの人間はお金だけで人生が充実するという人はほぼ存在しません

 

このように、短期的にみればベストに感じる決断も、長期的にみた場合はどうでしょう?

その時の選択はベストであっても、未来の自分にとっては不正解である可能性もあるのです。

それならば、いま自分で選んだ決断を正解にできるように行動することが大切だと思いませんか。

 

まとめ

冒頭にもお伝えしましたが、人生は選択の連続です。

人生で起こりうる悩みの数だけ選択する機会があります。

時には、どちらか選べない場面もあるでしょう。でもあなたは選ばなければいけません。

なぜなら、問題を先延ばしにしても、必ず同じ問題が時間差でやってくるからです。

 

そして、注意してほしい事があります。

決断したとしても、思いどおりも結果が得られない事は沢山あります。

あなたは選ばなかった方を、輝かしく感じ後悔してしまうかもしれません。

でも、選ぶという事は、後悔してしまう可能性もあるという事を理解しておきましょう。

どうせ後悔するものならば、自分軸で選択するという事が大切です。

他人軸ではなく自分軸にそった決断をしましょう。

そして人生は長いものです。短期的な目先の結果ではなく、長期的に見れる視点を持ちましょう。

 

最後に、正解は他の誰かが決めるモノでもありません。自分自身で正解になるように行動していきましょう

そうすれば、人生最大の選択をしなければならない機会が時がやってきても、強固な自分軸で後悔のない決断ができるでしょう。